カウンタ

COUNTER840181
since 2012.11.6

児童会より

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

在籍児童数

令和4年度 児童数一覧
     (4月1日現在)
 
 男子
 女子
 合計
1年
64
57
121
2年
45
54
 99
3年
68
72
150
4年
57
59
116
5年
47
75
122
6年
73
65
138
みどり
38
11
  49
 合計
392
393
785
 

リンクリスト

キャラクターアイコンA
 
校長あいさつ

  あま市立甚目寺南小学校長 加藤優子 

 今年度、甚目寺南小学校の校長として赴任いたしました、加藤優子と申します。
 本日、4月7日に始業式を行い、全校児童784名で令和4年度が始まりました。
 始業式では、次のような話をしました。
この学校には『考える子 心ゆたかな子 たくましい子』という目標があります。それは、「なりたい自分になるために」とても大切なことです。
 「考える子」、分からないことやできないことにぶつかったとき、まず、自分で考えたり、工夫したりしてみましょう。考える力はとても大切です。「心豊かな子」、挨拶をしっかりしましょう。相手を見てはっきりとした声で挨拶をすると、お互いに気持ち良く過ごすことができます。学校生活を楽しくする魔法の言葉です。また、相手のことを考えて、行動するようにしましょう。そして、本をたくさん読みましょう。「たくましい子」、失敗しても、あきらめず、工夫して、できるまで頑張りましょう。がんばり続けると、どこかで、できるようになるヒントを見つけることができます。」
 
 子どもたちが「なりたい自分」に一歩一歩近づけるように、教職員が一丸となって教育に取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
                    
          

 
ふとこんなことを思います・・・。(校長日記)
晴れのち曇りたまに雨
2022/06/01

朝の会話から

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 今朝、校舎前のプランターをのぞきこむ児童を見かけたので、何をしているのかなと見てみると、その児童の手には黒い胴体にあざやかな赤色の線の入った幼虫が乗っていました。幼虫の体には何本かの突起もあり、触っても大丈夫なのかとドキッとしました。すると、その児童が「ツマグロヒョウモンの幼虫だよ。触っても大丈夫だよ。」と、教えてくれました。以前にも、その幼虫を見たことはありましたが、見た目で毒をもっていると思いこんでいた私は、その幼虫を触ったことはありませんでした。せっかくなので触らせてもらうと、ぷにっとした感触でした。さらにその児童は、「ツマグロヒョウモンの幼虫は、パンジーを食べるので、これ(プランターの植物)が枯れているのは、幼虫が食べたからだよ。」とも教えてくれました。
 児童と別れた後、ツマグロヒョウモンについて調べてみると、1980年代までは近畿地方より西にしか生息していなかったこと、2010年ごろには関東地方でも生息が確認されるようになったこと、その原因として、地球温暖化やパンジーの苗の流通などが考えられることなどが分かりました。
 朝の児童との会話から、自分の思いこみを反省するとともに、気候問題や人間の活動が環境にあたえる影響について考える機会を得ることができました。
13:58 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2022/05/25

スポーツフェスティバルを通じて

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 5月24日、好天に恵まれ、スポーツフェスティバルを実施することができました。コロナ禍のため、低・中・高学年の3部に分かれての実施になりましたが、どの競技も、練習の成果が発揮された見応えのあるものとなりました。
 スポーツフェスティバルの練習が始まって間もない頃、私は学年の練習が始まっているにもかかわらず昇降口内にいる一人の児童を見つけ、声をかけました。練習に参加するよう促すと、ダンスが嫌だから練習に参加したくないと言われました。低学年で自己主張がしっかりできると感心をしつつも練習に参加してもらおうとあれこれと説得を試みましたが、その時点では納得してもらえず、少し時間をおき、見学だけでもするように言ったら、ようやく運動場へ出ていきました。
 その後、練習のたびに、その児童がまた昇降口にいないか気になっていましたが、昇降口で姿を見つけることは、ありませんでした。
 24日の本番では、その児童が笑顔でダンスを踊り競技に参加している様子を見ることができました。その児童の心の中までは知ることはできませんが、その児童なりに、何かを克服したのだなと思いました。
 スポーツフェスティバルを通じて、自分の中で何かを克服した児童は、ほかにもたくさんいることと思います。
13:31 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2022/05/20

ミニあいさつ運動

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 今朝(5月20日)、西門で登校してくる子どもたちにあいさつをしながら出迎えていたところ、4年生の児童2名がその場にとどまり、私の横に並んで一緒にあいさつを始めました。通学団が通過するたびに、その子たちの友達が一人、また一人と加わり、最終的には5~6名の子どもたちが、あいさつで登校する仲間を出迎えてくれました。思いがけず、ミニあいさつ運動となり、うれしく楽しい気持ちで1日が始まりました。
09:37 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2022/05/02

身近なところから

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 時々、登校時に通学路に落ちていたものを届けてくれる子がいます。私が今まで受け取ったものは、ティッシュペーパーと3分の1ほど使った鉛筆でした。ティッシュペーパーには名前のシールが貼ってありました。鉛筆には、油性ペンで名前が書いてありました。どちらも、無事、持ち主のもとへ届けられました。もし、書いてなかったら、どちらも最後まで使われることなく、ごみになっていたかもしれません。名前を書くということは物を大切にすることにつながるのだなと思いました。また、今、いろいろなところで取り上げられているSDGsにもつながるのではないかと思います。
17:34 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2022/04/19

朝、校門で

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 朝、校門で、登校してくる子どもたちに「おはようございます」とあいさつをしています。はじめは、「この人だれ?」というような表情の子もいましたが、だんだん慣れてきて、元気よくあいさつしてくれる子が増えてきました。コロナ禍なので、大きな声というのは難しいですが、あいさつとともにぺこりとおじぎをする子、自分から進んであいさつする子、目元がにっこりする子など、あいさつのしかたにも個性があり、あいさつをかわすだけで、楽しい気分になってきます。
 子どもたちに気持ちよく一日を始めてもらえればと思い行っている朝のあいさつですが、逆に子どもたちから元気をもらっています。
09:14 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2022/04/13

校長室の隣から

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 1年生が入学して、6日目を迎えました。
 給食の準備の仕方を覚えたり、健康診断を受けたりしながら、少しずつ学校生活に慣れてきています。
 校長室の隣は、1年生の教室です。
 先生のお話に元気よく返事をする声がよく聞こえてきます。
 昨日は、「犬のおまわりさん」を歌う、元気のよい声が聞こえてきました。
 あまりのかわいい歌声に、思わず、自分の顔がゆるんでしまうのを感じました。
 やる気いっぱいの子どもたちをしっかり応援していきたいと思います。
11:59 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/04/15

1年生初めての学校給食

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami


1年生の初めての学校給食です。6年生に教えてもらい
ながら上手に配膳していました。カレーライスをとても
おいしく食べていました。
12:45 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/04/09

4月8日下校風景

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami


始業式を行いました。
この1年「がんばるぞ」といった顔でした。
写真は、下校の様子ですが、校内の桜も満開となり春の暖かさを感じた1日でした。
07:34 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)