カウンタ

COUNTER886380
since 2012.11.6

児童会より

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

在籍児童数

令和4年度 児童数一覧
     (4月1日現在)
 
 男子
 女子
 合計
1年
64
57
121
2年
45
54
 99
3年
68
72
150
4年
57
59
116
5年
47
75
122
6年
73
65
138
みどり
38
11
  49
 合計
392
393
785
 

リンクリスト

キャラクターアイコンA
 
校長あいさつ

  あま市立甚目寺南小学校長 加藤優子 

 今年度、甚目寺南小学校の校長として赴任いたしました、加藤優子と申します。
 本日、4月7日に始業式を行い、全校児童784名で令和4年度が始まりました。
 始業式では、次のような話をしました。
この学校には『考える子 心ゆたかな子 たくましい子』という目標があります。それは、「なりたい自分になるために」とても大切なことです。
 「考える子」、分からないことやできないことにぶつかったとき、まず、自分で考えたり、工夫したりしてみましょう。考える力はとても大切です。「心豊かな子」、挨拶をしっかりしましょう。相手を見てはっきりとした声で挨拶をすると、お互いに気持ち良く過ごすことができます。学校生活を楽しくする魔法の言葉です。また、相手のことを考えて、行動するようにしましょう。そして、本をたくさん読みましょう。「たくましい子」、失敗しても、あきらめず、工夫して、できるまで頑張りましょう。がんばり続けると、どこかで、できるようになるヒントを見つけることができます。」
 
 子どもたちが「なりたい自分」に一歩一歩近づけるように、教職員が一丸となって教育に取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
                    
          

 
ふとこんなことを思います・・・。(校長日記)
晴れのち曇りたまに雨 >> 記事詳細

2022/05/25

スポーツフェスティバルを通じて

Tweet ThisSend to Facebook | by sho_jimokujiminami
 5月24日、好天に恵まれ、スポーツフェスティバルを実施することができました。コロナ禍のため、低・中・高学年の3部に分かれての実施になりましたが、どの競技も、練習の成果が発揮された見応えのあるものとなりました。
 スポーツフェスティバルの練習が始まって間もない頃、私は学年の練習が始まっているにもかかわらず昇降口内にいる一人の児童を見つけ、声をかけました。練習に参加するよう促すと、ダンスが嫌だから練習に参加したくないと言われました。低学年で自己主張がしっかりできると感心をしつつも練習に参加してもらおうとあれこれと説得を試みましたが、その時点では納得してもらえず、少し時間をおき、見学だけでもするように言ったら、ようやく運動場へ出ていきました。
 その後、練習のたびに、その児童がまた昇降口にいないか気になっていましたが、昇降口で姿を見つけることは、ありませんでした。
 24日の本番では、その児童が笑顔でダンスを踊り競技に参加している様子を見ることができました。その児童の心の中までは知ることはできませんが、その児童なりに、何かを克服したのだなと思いました。
 スポーツフェスティバルを通じて、自分の中で何かを克服した児童は、ほかにもたくさんいることと思います。
13:31 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)