日誌

校長室から
12345
2021/12/23

全校朝礼

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】全校朝礼 12月23日
 みなさん、おはようございます。いよいよ、明日から冬休みに入ります。と同時に、2021年も、あと1週間ほどになりました。みなさんにとって、2021年は、どのような年でしたか。2021年の学校生活で、心に残っていることを1つ上げるとすると、どんなことがありますか。

 私としては、11月19日に葬儀会社の社長様に行っていただいた人権講話が心に残っています。中でも、命の大切さについて触れられたところが、強く印象に残っています。自殺はなぜいけないのかとの問いかけから入りましたが、自分の命は、自分のものだけど、自分だけのもではない、自分の前には、父・母、祖父・祖母、順番に遡ると、20世代前で、200万人の人につながっている、それらの人が命をつないでくれたから、今の自分がいる。どこかで途切れていたら、自分は存在していない。命は、そんな大切なものですというお話でした。人は誰でも、過去にそれだけ多くの人がつないでくれてきた大切な命を持った存在であり、だから、自分を大切にして、自分を尊重し、同じように、人も大切にして、人も尊重する、そんな気持ちが大切なのではないかとしみじみと思いました。

 また、違う見方をすると、自分という存在は、それだけ多くの人がつないでくれた存在ですから、大いに自信をもって行動すればよいと思います。過去に多くの人が積み重ねたものが、自分の中にエネルギーとなってたくさんあるはずですから、胸を張って堂々と行動していってください。人というのは、本来、やろうと決意するとできるものですが、今までの失敗経験や不安な気持ちが働き、「今までできなかったからどうせできないかもしれない」と思ったり、「自分にはそこまでの力はない」と、歩みを止めてしまったりすることがあります。その時はその時です。これから、何事においても、できないかもしれないというエネルギーではなく、できるんだというエネルギーを発揮していけばよいと思います。
 2022年という新しい年を迎えるにあたって、「きっとできる」「これをする」と自分に強く言い聞かせて、自分自身をより高めていってほしいと思います。ちなみに、正月の正の字は、一に止まると書きます。一に止まる、一にとどまる、つまり、原点に戻るということです。自分の生き方はこれでいいのだろうかと、もう一度自分を見つめる、それが正月です。是非、年の初めに自分自身の原点を見つめ、自分の目指すところを見定め、新しい年のスタートにしてほしいと願っています。

 最後になりますが、新型コロナに関しては、今まで同様、感染予防を怠ることなく、三密の回避、マスク着用、手洗いうがいを、これまで同様に続けてください。

それでは、みなさん良いお年をお迎えください。 


09:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/12/06

全校朝礼

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【全校朝礼(ズーム)】12月6日(月)   
 みなさんおはようございます。いよいよ師走に入りました。先ほどは、たいへん多くの表彰をさせていただきました。部活動大会、作文、習字など、様々な分野で多くの人が活躍してくれていることをとてもうれしく思います。

 先月の25日に、保護司・少年補導員の方々との会議がありました。はじめに、授業の様子も含め、学校全体の様子を参観されました。その後の会で、皆さんが落ち着いて授業に取り組んでいる様子や、皆さんの中の何人かと、目が合ったとき、にっこりと会釈してくれたことなどに、ほっこりした気持ちになりましたと、話してくださった方もみえました。出席された方は、地元の方ばかりで、中には本校の卒業生の方もいらっしゃいました。帰り際にも、穏やかで素直なお子さんたちでよかったですとの声を多く聞きました。人を安心させられる、人をうれしい気持ちにさせられる皆さんは、人として本当に素晴らしいなと思います。人に気持ちよく接することができれば、その方は、次に出会う人にも気持ちよく接することができ、温かい輪が広がっていきます。とても素晴らしいことであり、重要なことでもあります。日頃、皆さんと生活していても、素直で心優しい雰囲気が伝わってきます。そのような中で生活させてもらっていることを、私自身ありがたく思っています。

 話は変わりますが、先月、葬儀会社の社長様をお迎えして、「命の授業」と題して、人権講話を行っていただきました。前半では、社長さんの生い立ちとともに、「愛の反対は、無関心」「家の人があれやこれやと言うのは、愛が詰まっている証拠」「ありがとうの反対は当たり前。当たり前と思っていると、ありがとうは出てこない。ご飯を作ってもらったり、洗濯してもらったりすることに対してありがとうと言いたいですね」などのお話を心を込めてしてくださいました。後半では、自殺はなぜいけないのかとの話をしてくださいました。その中で、命の大切さも改めて学んだことと思います。自分の命は自分のものですが、自分だけのものではない。自分の前に、父・母、祖父・祖母…、数えていくと、20世代前では200万人をこえる。その人たちが命をつないでくれて自分がいる、誰か欠けていたら、今自分はこの世にいない。自分の命はそんな大切な命。そして、「命とは、何かのため、誰かのために使う時間ですよ」と話してくださいました。自分の命がそれだけ大切であるということは、人の命も同じように大切です。誰にとっても、その命の裏には、計り知れない多くの人の命があるのです。自殺してはいけないのはなぜかというお話でしたが、命の大切さについてのお話でもありました。そして、もう少し話をすすめれば、自分も人も、計り知れない多くの人がつないできてくれた多くの命を背負っている存在ですから、人をいじめるとか、人を悪く言うなんてことは、とてもできないと思います。自分を大切にし、人を尊重して人生を歩んでいくことが人として大切だと思います。
 12月4日から10日までを人権週間とし、人権について改めて考える期間となっています。このあと、生徒指導の先生から人権についてのお話をしてもらいますので、よく聞いてください。最後になりましたが、コロナ感染防止の取り組みは、今後も引き続きよろしくお願いします。では、今週も元気に過ごしてください。


18:21 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/11/19

人権講話「命の授業」

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】人権講話「命の授業」11月19日(金)

 本日、全国に130店ほど展開する大手葬儀会社の取締役社長を講師としてお迎えして、「命の授業」を行いました。「感動葬儀」として注目を浴び、テレビ番組や雑誌にも多数出演されている社長さんで、小中高生を対象に命の尊さ、感謝の大切さを伝えている方です。

 生徒は、社長さんが幼少期から現在に至るまでに経験されたことやそこから学ばれたことに集中して耳を傾けていました。

 「おうちの人が皆さんにいろいろと言ってくれるのは、愛があるからなんです、愛は、目の前にいる人を幸せにします。マザーテレサも愛の反対は、無関心と言っています。」

 「ありがとうの反対は、当たり前です。当たり前と思っていると、ありがとうという感謝の言葉は出てこないですよね。いつも洗濯してくれてありがとう、いつもご飯を作ってくれてありがとうなど、感謝の言葉を時々言いたいものです」

「動物の中でも、人間だけが、目の前の人が喜んでくれたらうれしいという本能をもっています。目の前の人を幸せにしましょう。」など、素晴らしいお話をたくさんしてくださいました。

 お話の終わりの方で、以前出合った「なぜ自殺はいけないか、自分の命だから自分の好きなようにしてはいけないのか」という質問についての思いを熱く語ってくださいました。それは、自分の命かもしれないですが、自分だけの命ではないというものでした。自分の前には父・母、その前には祖父・祖母、その前には…とたどると、20世代前で2,000,000人を超えるそうです。つまり、計り知れないほど多くの命が、命をつないできてくれたからこそ、今の自分がこの世に存在している、どこかで途切れていたら自分は存在していないのです。そして、「命とは何かのため、誰かのために使う時間」です。だから、命を大切にしないといけないのですと、話されました。子どもたちは、終始、メモをとりながら、熱く語られる話に聞き入っていました。




18:28 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/11/01

月の初め、週の初め

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】11月1日(月) 全校放送朝礼

 みなさんおはようございます。月日が経つのは早いもので、もう11月に入りました。しかも今日は、月の初めの1日で、また週の初めの月曜日でもあります。この始まりの日というのは、「今日から」と気持ちを切り替えたり、何か事を始めたりするにはとても入りやすいタイミングでもあります。気持ちを切り替えて、今よりも自分を向上させたいと思っても、「また今度から」とか、「またにしよう」といったように、せっかく心に浮かんできた思いを先延ばしにしてしまったことはありませんか。ぜひ、この月の初めの日、週の初めの日という、区切りの良い日に「今日から遅刻をしないようにする」とか「今日から1日2時間勉強する」「今日から毎日笑顔で生活する」といったように、何かを心に決めて、それをやり通そうと意識してみてください。人は、何かを意識してそれを素直に実行していると、意識した通りになっていくことがあるらしいです。意識や思いがその人の人生を作るとも言われます。ただ時々、「あの時失敗したから、また失敗するのではないか」とか「どうせ最後まで続かないのではないだろうか」などと今までのうまくいかなかった経験から、うまくいかないように感じてしまい、最初の決意が揺らいでしまうことがありがちです。しかし、一度強く決意して自分の思いに向かって努力していると、運よく良い方向に向かったり、誰か助けてくれる人が現れたりして、気づくと自分の思い通りになっていることがよくあるようです。ですから、今日の月の初め、週の初めの日に、自分の目指すことを思い描き、強く意識し、実行していってみてください。3年生のみなさんは残すところ4か月と少し、1・2年生のみなさんは、5カ月余りとなりました。自分の思いが実を結ぶよう、残りの日々を充実させていってほしいと思います。

 さて、先週、3年生のみなさんが修学旅行に行ってきました。私も3日間一緒に行ってきました。出発式で3年生のみなさんには、2つのことをお願いしました。1つ目は時間を守ること、2つ目は感謝をすることです。このどちらについても、3年生にみなさんはよく守れました。特に、2つ目については、ペンションのオーナーの方や旅館の方々が、「よく話を聞いてくれる、素直で礼儀正しく、素敵なお子さんたちですね」「あいさつがよくできる子たちですね」と話してくださり、3年生のみなさんが感謝の気持ちで生活できたことがうかがえました。学校祭での活躍とともに、修学旅行での振る舞いから、さすが南中学校の最高学年だなと感心しました。感謝の気持ちで生活していると、周りの人も幸せな気持ちになるものです。今後とも南中の全員が感謝の気持ちで日々生活していきたいと思います。

 最後になりますが、新型コロナは感染が少なくなってきてはいますが、終息したわけではありません。今後とも、3密防止、マスク着用、手洗いを今まで通り続けていってください。


09:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/10/18

後期の始まり

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami
【校長室から】10月18日 全校放送朝礼

 みなさんおはようございます。このところ、朝晩、めっきり寒くなってきました。体調の方は大丈夫ですか。しっかり食べて、しっかり寝て、抵抗力をつけていってください。

 さて、先週、学校祭が終わりました。短い練習期間であったにも関わらず、学校祭を成功へと導いたみなさんを尊敬します。みなさんは、どの競技でも、とにかく全力を尽くしていました。学校祭の講評と重なるかもしれませんが、どの競技でも、手を抜かず、一人一人が持つ力を大いに発揮したからこそ、高いレベルで競い合うことができました。綱引きなどは、手の皮がめくれたり、足に力が入りすぎて、太ももやももの裏が痛くなってしまったりした人もいたと聞きました。そこまで一生懸命だったんだと、後から聞いて、感心しました。学校祭の中で、精一杯力を発揮することができた自分をあらためてほめて、今後の生活において、ここ一番の踏ん張りどころで、自分の力を精一杯発揮し、より高みを目指していってほしいと思います。 

 今日から後期の学校生活がスタートします。先ほど、生徒会役員のみなさん、学級委員のみなさんの認証を行いました。各学級で学級の組織決めがあったり、福祉実践教室に向けての準備、修学旅行に向けての準備があったりするなど、新しい始まりの風が吹き始めています。前期のみなさんの生活ぶりを見ていて、みなさんは自分自身を大いにほめてあげて良いと思います。自分をほめ、自分に優しくし、そして人にも優しくし、多少のことにもくよくよすることなく、笑顔で明るく生活し、接する人すべてに笑顔で明るく接するような生活を再びスタートさせていってほしいと思います。笑顔や明るさは、人も明るく笑顔にします。 

 楽しいときやうれしいときは良いけど、辛いこと、悩むことがあると、笑顔で明るくなんて無理じゃないですかと聞かれることがありますが、実は辛いこと、悩むことというのは、それを乗り越えると、逆に人に優しくできるようになったり、辛い思いをしている人を支えることができるようになったり、頑張っている人をいっそう励ましてあげられるようになったりするなど、自分にとってプラスになることでもあるのです。辛いこと、悩むことというのは、やがて来る素晴らしいことの途中でもあります。自分がより素晴らしくなる前に出される練習問題みたいなものかもしれません。部活動であったり、学習であったり、進路決定であったり、この先も考える機会がたくさんやってきますが、すべては、自分を成長させる練習問題で、貴重な経験なんだと思って堂々と取り組みながら、笑顔で明るく生活していってください。
 新型コロナウイルス感染は、以前よりは、ずいぶんと減ってきましたが、だからこそ、今までの感染予防を確実に続けていってください。マスクの着用、3密の防止、手洗いを確実に実行していってください。よろしくお願いします。特に3年生の皆さんは、修学旅行が控えています。学校ではもちろんのこと、家庭や地域でも感染対策は万全にしてください。それでは、今週も元気に生活していってください。


11:42 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/09/13

夏休み課題作文より

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】9月13日(月)夏休み課題作文より

 ある生徒の、夏休みの課題作文の一節を読んでいて、「子どもは親の後姿を見て育つ」という言葉を思い出しました。

 「夏休みに、お父さんについて、毎朝、近くの神社に行くようになりました。一緒に行くようになってから何日かしてから、お父さんから『神社は地域を守る神様がいるから、大切にしなければいけないよ』と聞きました。お父さんは、お金をもらえるわけでもなく、誰かに感謝されるわけでもないのに、神社に行ってお参りをした後、いつも掃除をします。みんなのために、地域の神社を大事に守っているお父さんを見て、これから僕もそうしたいと思いました。  

 また、お父さんは、よく、近所のおばあさんやおじいさんに声をかけ、元気かどうか、確認をしています。そして、近所の方が家にみえることもあります。お父さんは、地域の方から頼りにされているなと思いました。自分も、今やるべきことをしっかりとやって、お父さんのように人から頼りにされるような立派な大人になりたいと思いました。僕は、これから何かボランティア活動をやっていきたいと思います。そして、今後、自分のこと以外のことにも積極的に取り組んでいき社会貢献していきたいと思います」

 物事には、人から言われて身に付くこともありますが、人の姿から自分なりに学んだことは、その人に、きっと大きな力として働くに違いないと思いました。子どもたちに後姿を堂々と見せられるように生活していこうと、改めて思いました。



16:38 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2021/05/12

あいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】5月12日(水)あいさつ

 毎朝、生徒玄関であいさつをしていると、感心することがあります。それは、生徒のみんなが会釈をしてあいさつをすることです。昨年度本校に赴任した時からずっと感じていましたが、あいさつだけでもすがすがしい気持ちになるのですが、あいさつに会釈が加わると、すがすがしい気持ちに安心感のようなものが加わり、幸せな気持ちになります。

 今週の月曜日に、PTAのオアシス運動があり、保護者の方々と職員が校門付近で、生徒とあいさつを交わしました。この時もやはり、子どもたちは会釈をしてあいさつしていました。この子たちは、きっといろいろなところで、このように人を幸せな気持ちにしているのだろうなと思い、改めて人として素晴らしい子たちだなと思いました。
 
         


10:15 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2021/05/07

情報モラル教室にて

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】57日(金)情報モラル教室にて

 本日6時間目に、講師を招いて1年生対象に、情報モラル教室を実施しました。

 教室では、SNSに人の悪口を上げてしまったことによるトラブル、動画の拡散の危険性、誤解を招く表現、依存により失うもの等について学習しました。「動画の拡散の危険性」に関しては、24時間後には消えるとの思いから軽い気持ちで上げた動画が拡散してしまった例を取り上げ、なぜ拡散してしまったか、今回の件はどこに問題があったのか、どうするとよかったかを検証しました。生徒は、講師の方の巧みな問いかけに対して、じっくりと考えたのち、近くの人と意見交換をし、その後、何人かの生徒がはきはきと意見を発表しました。生徒は、発表を静かに聞き、発表後に拍手をして、発表者を称えました。意見交換から聞く姿勢への切り替えのはやさと、拍手する態度にたいへん感心させられました。

 「誤解を招く表現」については、講師の方の分かりやすい内容に大きくうなずきながら、真剣に説明を聞いていました。「昨日そっちに行ったよ」に対して、「何で来たの?」と返すと、返した方は「どんな方法で来たの?」というつもりで聞いたものでも、取り様によっては、「来てほしくなかった」と取られてしまうこともある。また、「昨日はごめんね」に対して、「もういいよ」と返すと、「許してあげる」とも取れるけど、「本当は良くない」とも解釈できる。こういったことは時々あり、直接話していないので、声のトーンや顔の表情が分からないので、慎重に言葉を選ぶ必要があるとの説明がありました。どの内容も、分かりやすい具体例に基づき、たいへん考えさせられるものばかりでした。

 学習が終わった後、講師の方が、1年生の生徒は、うなずきながら話を聞いたり、意見交換をしたりするときの切り替えがさっとできるところや、自分の意見をしっかりと述べることができるところがとても素晴らしいですね、大人のようですねと仰ってくださいました。私も、正に同感でした。じっくりと話を聞き、真剣に考え、発表者に拍手を送る、素晴らしい子たちだなと思いました。情報モラル教室の内容もたいへん素晴らしかった上に、1年生の生徒の落ち着いた、誠実な態度に出会い、たいへん心地よい時間を過ごさせてもらいました。


20:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/03/08

卒業式を終えて

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】3月8日(月)卒業式を終えて

 3月3日(水)、第39回甚目寺南中学校卒業式を挙行しました。当日は、春の嵐から一変し、まだ風は残るものの、柔らかな日差しに春の訪れが感じられる朝となりました。今年は、新型コロナの影響で、卒業式にも様々な制限がありましたが、ピンと張りつめた中にも、穏やかで温かい空気が感じられる卒業式となりました。また、素直で謙虚で、礼儀正しく、やるべきことに責任をもって取り組み、最後まできちんとやり遂げる、そんな3年生の日頃の生活がそのまま表れたような式でもありました。証書授与の時、壇上で「おめでとう」と言って手渡すと、生徒はみな、にっこり微笑んで、あるいは、少しはにかんで、会釈をしたり、「ありがとうございます」と返したりしてくれました。この子たちは、実に素直で誠実な子たちだと思いました。授与式がとても楽しいひと時となりました。新型コロナの影響で、歌声はなかったのですが、素晴らしい姿勢、堂々とした立ち居振る舞い、心のこもった返事、それらすべてに、今後頑張っていこうとする気持ちと、今までの感謝の気持ちが表れていました。

 今年は、密を避ける必要から、様々な集会を実施することができませんでした。2月に行う3年生を送る会も実施できませんでした。例年は、この会で、1・2年生が3年生への感謝の気持ちを表すのですが、今年は、卒業式前日の修了式後に、3年生だけで2つの「思い出のビデオレター」を視聴しました。一つは、生徒会が中心となり、各学年からのメッセージや各部活動からのメッセージを編集したものでした。もう一つは、3年生の職員が作成した、1年生の頃からの、正に思い出の詰まったビデオレターでした。また、1・2年生からは、ビデオレターの他に、お手製の合格守りや寄せ書き、メッセージカードなどが事前に送られていました。送る会は中止となりましたが、1・2年生からの気持ちは既に十分届いていました。

 3年生が卒業してから数日が過ぎました。1・2年生の生徒に昇降口や廊下であいさつをすると、会釈をして気持ちよくあいさつをしてくれます。あいさつを交わすたびに、心地よい気持ちになります。3年生が意識してくれていた、「会釈をして気持ちの良いあいさつ」がしっかりと引き継がれていることをうれしく思います。これからも、誰もが心優しく、温かい雰囲気のある南中学校にしていきたいと思います。
       


13:38 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2021/02/26

第2回卒業式練習

Tweet ThisSend to Facebook | by chu_jimokujiminami

【校長室から】2月26日(金)第2回卒業式練習

 本日、1時間目に卒業式練習を実施しました。武道場から体育館へ移動する段階で、背筋がぴんと伸び、余分なおしゃべりや物音もなく、まるで本番であるかのような入場で練習が始まりました。着席後も、背筋が伸び、先生の話の時には、体がさっと中央を向き、微動だにせず、話に聞き入る様子が見られました。起立の時も全員がそろい、丁寧な「礼」からは、誠実さと礼儀正しさが漂い、何かしら品の良さを感じました。人数も多いので、証書授与には時間がかかりましたが、その間も姿勢が乱れることなく、逆に「緊張し過ぎないように、気持ちはリラックスしてね」と声をかけるほどでした。その場に応じた言葉遣いや振る舞いがきちんとできる南中学校の生徒は、本当に立派だなと改めて思い、晴れやかな気分になりました。練習の終わり頃、この先、自分に自信をもち、胸を張って進んでいってほしいと、思わず心の中でエールを送っていました。 
           


14:37 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345